外貨両替を上手に行なう方法|海外旅行を楽しむ心得

国旗

資産運用をお考えの方へ

硬貨と人形

資産運用を始めてみよう

現在は歴史的な低金利状態となっており、銀行預金ではスズメの涙ほどの金利しかつかない状況となっています。また、少子高齢化の影響により年金受給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げも見込まれており、年金だけに頼るのでなく自分自身で老後資金を確保しておく重要性が増してきているといえます。とはいえ、これまで一度も資産運用を経験したことがない場合、どのような商品に投資すればよいかわからないというケースも多いと思われます。そういった際にお勧めなのが投資信託を活用する方法です。投資信託を活用した積立投資であれば、数千円単位の少額の資金からでも開始することができます。個別株式で分散投資をする場合は一定の資金が必要となりますが、投資し短句の場合は少額の資金からでも投資対象を分散してリスクを軽減することが可能となります。また、投資信託の運用対象としては、株式以外にも不動産や金、プラチナなどの様々な商品が対象となっています。株式についても日本株にかぎらず、先進国株や新興国株を対象とした投資信託もあります。株式を対象とした投資信託については、市場平均に連動した運用成果を目指すインデックス型の投資信託と、市場成績を上回る運用を目指すアクティブ型に大別することができます。それぞれにメリットとデメリットがありますが、一般的に投資信託の運用コストである信託報酬についてはアクティブ型の方が高く設定されている傾向があります。